活動レポート

活動レポート一覧 > 第2回 ワークショップin大阪(心の病気とPTSD)

第2回 ワークショップin大阪(心の病気とPTSD)

11月23日(日)、24日(月・祝)に第2回ワークショップが開催されました。

workshop02_01 workshop02_02

会場受付には、リレーフォーライフの参加報告を展示しました。


 

workshop02_03

多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。


workshop02_04 workshop02_05

懇親会では、今後の学会のあり方について貴重な意見を交わすとともに、理事会と会員、相互の親睦を深めました。


workshop02_06 workshop02_07

「ウェイクアップトリートメントスキルアップ」では、会場はみなさんの学ぶパワーで熱気ムンムンでした。


 

みなさまから講演についてのアンケートをいただきました。

特別講演 「痛みの記憶」

  • 脳の機能が変わっていき、イメージにより、脳が活性化されることがわかった。不思議な感じがした。
  • 痛みに心因性疼痛のウェイトが大きい事を再認識した。
  • 脳のしくみと痛みのつながり、そして視覚を考えると改めて嗅覚に介入できるアロマの素晴らしさを再認識できました。

講演「精神疾患に対するアロマセラピーの応用と効果」

  • アロマは治療ではないがストレスを緩和するための1つの方法として使用できるものだということがわかりました。
  • 器質的疾患である精神疾患の治療におけるアロマ療法の立ち位置が、なんとなく理解できました。

講演「子どものPTSD」

  • PTSDが香りでよみがえる、自分たちだけでも気をつけないといけないことを再認識しま
    した。
  • まったく知らない分野の話だったので「世間でそんなことが起きているのか?」と
    びっくりした。狭い医療現場の中だけに目を向けてはいけないと思った。

一般演題「コメディカルの緩和医療現場でのアロマ導入事例」

  • みなさんの他者に対する思いやりを感じる事例ばかりでした。頭が下がります。
  • どの方も素晴らしい活動をされ、今後、自分がどんなことが出来るのかとても参考になりました。

講演「うつと不安の治療」

  • 扁桃体の働きを学ぶことが出来ました。
  • 最近話題になっている内容だったので興味深かった。
  • 同じ内容の講演を、コメディカルの立場からも聞きたかった。

イブニングセッション

  • 質疑応答の形式がよかった。
  • 具体的な話がきけて、参考になりました。

ウェイクアップトリートメントスキルアップ

何度も参加しても目からウロコ!の発見があります。今回もしっかりと取り入れて行きたいと思います。身体の変化を観てとれるのが素晴らしい!!!

看護にいかす交流分析

  • 心のトリートメント、われに返る時間でした。
  • 自分を受け入れる程度にしか相手を受け入れられない。自分を大切にしていかなければ
    いけないと感じました。自分を整えて、施術者として身体と心のトリートメントが
    出来るようにがんばります。

「今後のワークショップセッションのご希望は?」と言う質問に、多数のご希望をいただきました。

今後のワークショップの参考にさせていただきます。

  • 交流分析の続き
    訪問看護
  • ターミナル看護の実際
  • 認知症・介護
  • 若さとアロマ
  • 美容とアロマ
  • チーム医療とアロマセラピー
  • 参加者同士でのグループワーク形式での意見交換
  • 緩和医療
  • 回復期・リハビリテーション導入事例
  • 手術室導入事例
  • 妊娠・分娩・新生児とのかかわり